CSR活動

ホーム > 企業情報 > 社会的責任への取り組み

企業情報

社会的責任への取り組み

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、日用品から高度な医療機器まで幅広く製品やサービスを提供し、毎日世界中で10億人以上の方々にご利用いただいています。 世界中の人々の健康に非常に大きな責任を負っているジョンソン・エンド・ジョンソンは、「我が信条(Our Credo)」の理念にもとづき、ビジネスを実践し、社会貢献を通じて地域社会に対する責任を果たせるよう努めています。

お知らせ

2018.09.21 ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献レポート英語版 2017年版掲載しました!
2018.09.05 TOMODACHI J&J災害看護研修プログラムの情報を更新しました!
2018.08.01 Donate a Photo支援プログラム募集要項 (締切り:2018/9/18)
2018.06.08 ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献レポート日本語版 2017年版掲載しました!
2018.05.22 TOMODACHI J&J災害看護研修プログラム記念誌が発行されました!
2018.04.17 TOMODACHI J&J災害看護研修プログラムの情報を更新しました!
2017.08.31 日本初の民間主導による緊急災害対応アライアンス「SEMA」に加盟しました!
2017.08.25 TOMODACHI J&J災害看護研修プログラムの情報を更新しました!
2017.07.12 ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献レポート英語版 2016年版掲載しました!
トップメッセージ TOMODACHI J & J 災害看護研修プログラム 第14回ヘルシー・ソサエティ賞

事業の知見を活かした社会貢献活動

各事業で培った知見を社会貢献活動に還元。
ジョンソン・エンド・ジョンソンは「我が信条(Our Credo)」のもと、
コンシューマー、メディカル、ビジョンケアそしてヤンセンファーマの4つのカンパニーそれぞれが
その事業の知見を活かし、積極的に社会貢献活動に取り組んでいます。

コンシューマー カンパニー 歯科医師会などとの連携による、オーラルケアの重要性を啓発
メディカル カンパニー 本格的な手術を体験できる学生向け医療セミナーの開催
ビジョンケア カンパニー アイバンクへの理解と啓発を目指す ラン・フォー・ビジョン®
ヤンセンファーマ “こころの病”を抱えた方々の創作活動を支援する
ジョンソン・エンド・ジョンソン
日本法人グループ
キッザニア東京に「病院」パビリオンを出展。
生命の大切さを知る場をすべての子どもたちに。
社会貢献レポート2017 TOMODACHI J&J災害看護研修プログラムの記念誌

Donate a Photo

写真をシェアし、社会貢献する―Donate a Photoアプリで写真を1枚シェアするごとに、Johnson & Johnsonがあなたに代わってサポートしたいプログラムに$1寄付をします。サポート可能なプログラムは、その時々の社会的なニーズにもとづき、支援が必要と考えられる団体やプログラムを選定されています。あなたはサポートしたいプログラムを選択し、Johnson & Johnsonがそれを実現します。

社会貢献委員会(JJCC)

JJCCは、グループ各社の社員で参加の意志を示した社員ボランティアによって運営されています。そして、地域に密着したパートナーとの協働で、からだやこころ、社会の健康をテーマとしたさまざまな支援への取り組みを実践しています。

災害支援への取り組み

ジョンソン・エンド・ジョンソンでは、世界各地の災害に対して迅速なサポートを実施しています。義援金のみならず、各団体と協力し、衛生用品などの提供、また、救助・救援活動の支援を行っています。

ページトップへ

このサイトは日本国内に向けて制作しております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社によって運営されています。

© Johnson & Johnson K.K. 1999-2018